私のお気に入りの本革のソファー

アパートで一人暮らしをしています。狭い部屋で家具はあまり置けないのですが、それなりにこだわっています。スタンドやベッドなど色々ありますが、なんといっても主役は部屋の真ん中にある本皮のソファーです。ごろりと寝転がりたかったので、三人掛けの大きいサイズを選びました。正直お値段は高かったのですが、座り心地も良く大満足しています。一人でダラダラとお菓子を食べながらテレビを観たり、友人達とゲームする時にも活躍していますし、高さにあったテーブルも探したので座って食事もしています。本革なのでクリームを塗るなどの手入れも欠かせませんが、それすらも楽しく感じます。大事に使っていてもどうしても少しづつ傷などはつきますが、それも味になるのは本革ならではです。どんなに疲れて家に帰ってきても、お気に入りのソファーに座ってお茶でも飲めば元気になってしまいます。

ソファーの色々な種類

ソファーには色々な種類があります。それらの例を紹介します。まず1つ目はカウチです。カウチは、カウチに横になってポテトチップスを食べる生活を送っていたカウチポテト族からこの名が知られるようになりました。つまりカウチとは、寝そべることができるということです。2つ目はリクライニングです。リクライニングとは、背もたれを倒すことができるソファーのことです。自分の好きな角度で固定することもできるので、とてもくつろげます。3つ目はフロアです。フロアとはいわゆる座椅子です。脚がなく、床に直接置くタイプで、こたつにも合わせることができます。4つ目はコーナーです。コーナーは、部屋の角に置けるようにL字型になっている、またはL字型に組み合わせることができます。家族や友人など多勢でくつろぐことができます。5つ目はデザイナーズソファです。これは有名なデザイナーがデザインしたもので、見ているだけで楽しめて、使ってみるとくつろげるという魅力があります。

毎年、新しいソファーで過ごす

私の家は、ソファーを買う時に、金額の上限を決めています。訳あって、あまり高いものは買いません。上限は、3万円です。インテリアも大好きですし、他の家具はアメリカンビンテージで揃えているので、本来なら、20万くらいまでなら出してもいいのですが、犬を飼っているため、あまり高級なソファーは置けないのです。最初、犬を飼い始めた頃は、そこそこのものを使っていたのですが、わずか、三カ月で脚の部分をガジガジに囓られ、座面には爪で穴を開けられました。それ以来、我が家では、三万円までと決めて、毎年、新しいものに買い換えるシステムになっています。最近では、犬の囓りグセも落ち着き、故意にキズをつけるような事はなくなりましたが、それでも、上ったり、下りたりするだけでも、爪でキズがつき、一年もするとだいぶ汚くなってしまいます。最初のうちは、犬が上がらないように気を付けていましたが、最近は諦めました。色々なソファーが選べる、とプラスに考えて楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

良いソファーの条件を教えます